本手焼きせんべい 喜作ネットショップ

Click  →   最新情報

  • 喜作店舗画像
  • かたやきと緑茶
  • 高級ご贈答品
  • コシヒカリ棚田とせんべい

「職人の技」と「伝統の味」をお届けいたします。
 本手焼きせんべい  喜作

喜作のホームページをご覧下さいましてありがとうございます。

喜作は昔ながらの手焼きにより備長炭で一枚一枚 "せんべい" を製造販売している、商店街の小さなせんべい屋でございます。 確かな味を守るため、創業70年を迎えました昨今でも、創業からのたった一つの店を切り盛りしなが ら、ただ一つの手焼きを貫いております。 永い歳月のなか、まとまったご注文や有名百貨店から常設店舗の出店のご相談も幾度となくいただきました。せっかくのありがたいお話も、恥ずかしながら手作りは生産量に限度がございまして、お受けできませんでした。 たくさんのご注文やお急ぎのご注文に対応いたしかねますが、時代の移り変わりのなか喜作もホームページを作成いたしました。 ただひたすら無理な背伸びをせず地道に一歩一歩進んでまいりました、"せんべい"作りのこだわりが、確かな味と共に少しでも皆様にお伝え出来ます事を願うばかりでございます。

新着情報

2019年9月 キャッシュレス5%還元のお知らせ
10月から開始になりますキャッシュレス5%還元事業。喜作の「実店舗」も「ネットショップ」も消費者還元業者の加盟店でございます。
2019年8月 夏季休暇のお知らせ
ご利用いつもありがとうございます。
8月18日から21日まで夏季休暇を頂きます。ご不便をお掛けしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
2019年5月28日 大丸松坂屋上野店
「お江戸新町コーナー」
5月29日から6月4日・7日間出店致します。
どうぞよろしくお願い致します。
2019年5月 GW 4月・5月のGWについて
いつもご利用ありがとうございます。
5月6日まで連休を頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします
2019年3月 大丸松坂屋 上野店1階
「お江戸新町コーナー」
3月13日~19日間出店致します。
よろしくお願いいたします。
2019年2月~3月 湯島天神 梅まつり
「2月8日から3月8日」
期間中の土日祝日に出店致します。
よろしくお願いいたします。
2019年 迎春 いつも喜作をご利用下さいまして
誠にありがとうございます。
本年も変わらぬご愛顧のほど
どうぞよろしくお願い申し上げます。
2018年12月 大丸松坂屋 上野店1階
「お江戸新町コーナー」
12月12日~18日間出店致します。
よろしくお願いいたします。
2018年10月 高島屋 新宿店地下1階
「和菓子・催事販売所」
10月22日(月)~30日(火)
9日間出店致します。
よろしくお願いいたします
2019年9月 大丸松坂屋 上野店1階
「お江戸新町コーナー」
9月5日~11日間出店致します。
よろしくお願いいたします。

【手焼きだからこその・・・「味」】

当社堅焼は、「うるち米」を原材料としたものと「もち米」を原材料としたものとの二種類がございます。 堅焼に仕上げるには、お米を精米するところから蒸して杵打ちする工程までの地味な生地作りと、一枚一枚焼き上げる根気の入る手焼作業と、とても大切な二つの工程が必要となります。 この工程は機械が職人を手助けしてくれる作業もございますが、いわゆるオートメーション的な機械作業では当社の堅焼にはなりません。 一つ一つの作業工程は単純作業の様ですが、丁度の頃合いは職人の経験から導かれる感覚と確かな手作業しか判断が出来ません。 これらの工程をすべて機械任せにしてしまう事は、「機械で出来る味」であり「職人の手焼き」と大きく異なるモノになってしまいます。 伝統的な職人のせんべいの味を守りたい、【手焼きだからこその・・「味」】をこれからも提供出来ます様、日々精進して参ります。
安心の国産米 最高の素材 炭火焼の効果 秘伝のたれ 職人の技術
喜作の水彩画

喜作は町の小さな手焼きせんべい屋
でございます。地元・商店街で愛され約70年になりました。おかげさまで文京区・推奨「味 100店」にも選ばれるお店になりました。

昭和初期に喜作

店先で一枚一枚焼くせんべいは
上品に気取ったものでは無く、昔ながらの素直な醤油の堅焼きせんべいになります。ひと昔に比べ町のおせんべい屋もだいぶ減少し、時代の移り変わりを感じます。

先代職人

「此の道にたわむれをどる われはでくなり」
何のとりえも無い私だけれど、せんべいを焼く事に関しては誰にも負けない信念で打ち込みます・・その意気込みを歌った文言です。

ご贈答品

お祝い事から仏事まで多用途でご利用下さい
柔軟に対応させていただきます。大切な方に贈られる方の真心をお届けいたします。

せんべい盛合せ

今でも後世大切に残したい
和菓子になります。「喜作のせんべい」は「職人の味・職人の技」一生懸命に伝えます。

専門誌に掲載

テレビや雑誌などでも度々
紹介されております。まとめてのご注文の対応は、限度がございます。毎日コツコツ、コツコツ、それが手作りの証です。